トビウオイルカイルカイルカ
201011 Calappaの沖縄海中散歩
南の島
珊瑚珊瑚 珊瑚カニ貝珊瑚珊瑚
ヤシャハゼ

マンザガマヒメヤドカリ

2010年11月30日
1月に紹介したヒメヤドカリ属の1種が新種記載されました

A new hermit crab species of the genus Catapaguroides A. Milne-Edwards & Bouvier (Crustacea: Decapoda: Anomura: Paguridae) from the Ryukyu Islands, Japan, and additional record of C. foresti McLaughlin
 
Zootaxa 2690: 32–42 (2010) published: 29 Nov. 2010

学名 Catapaguroides longior Komai, Yamada & Shirakawa, 2010
和名 マンザガマヒメヤドカリ
    (ガマは沖縄の方言で洞窟のことです)

お忙しい中、こんなに短期間で論文にしていただいたKomaiさんに大感謝です

マンザガマヒメヤドカリ

また、この論文では Catapaguroides foresti McLaughlin, 2002 と Catapaguroides kasei Osawa & Takeda, 2004 はシノニムであるということも書かれています

Catapaguroides foresti には和名がなかったので、この論文でツノメヒメヤドカリが提唱されました

ツノメヒメヤドカリ

Cuapetes nilandensis !?

2010年11月29日
先日、不明種と紹介したエビの正体が判明しました

結果が出るまでは、伊豆のハネガヤ類から見つかっているテナガカクレエビ属の一種にとても似ていたため、この種か近い種ではないかと予想していました

ただ、分布域、宿主の違いや多少模様にも違いがあるようだったのでそれらは気になっていましたが・・・

結果をOkunoさんからお聞きしてとても驚きました

なんとCuapetes nilandensis とのことでした

→和名がつきました。サバチテナガカクレエビです

洞窟で見かける個体(別種であることが判明しました)とはだいぶ印象が違いますね

カクレエビの分類の難しさを痛感しました (>_<)

Cuapetes nilandensis

Cuapetes nilandensis

Vir colemani ?

2010年11月28日
Vir colemani とされている種と色合いが似ているイソカクレエビ属の1種です

なんかこの仲間はややこしい状況のようなので色合いだけで種を特定するのは今のところしないほうがいいのかもしれません

2匹寄り添っているところの写真です

Vir colemani ?

Leucosia compressa

2010年11月27日
このブログでは、教えていただいた情報等を追記しているのですが、それをそのつど知らせていないのです

載せた写真と別カットがある場合とかでは再度紹介するのもありかと思いはじめました

ということで、以前コブシガニ科の1種として紹介したカニさんです

Leucosia compressa
Shen & Chen, 1978 とのことです

日本からの記録は、なかっただろうとのことでした

Komaiさんに教えていただきました

Leucosia compressa

Leucosia compressa

ヒゲモジャハゼ

2010年11月26日
久しぶりにヒゲモジャハゼを観察しました

名前といい風貌といい素敵なハゼですよね♪

ここは個体数がどれだけいるのか気になるところです

コンスタントに見れる場所であって欲しいな

ヒゲモジャハゼ

ヒゲモジャハゼ

シコンハタタテハゼシコンハタタテハゼ 
 | HOME | Next »