トビウオイルカイルカイルカ
200906 Calappaの沖縄海中散歩
南の島
珊瑚珊瑚 珊瑚カニ貝珊瑚珊瑚
ヤシャハゼ

ガザミ属の1種

2009年06月30日
日中は砂に潜っている種が多いせいかほとんど見かけません

夜になると結構目に付きますね

なかなかカッコいい形をしているカニだと思います

ガザミ属の1種

ガザミ属の1種

ガザミ属の1種


一番下のはオオメテナガヒメガザミかな?
あとの2種は分かりません
(ガザミ属Portunusの小型種の分類は遅れているので,種同定は標本なしだとかなり困難とのことです)

テッポウエビ その6

2009年06月29日
昨日に引き続きテッポウエビの紹介です

動きがすばやいし、どこかに隠れようとするので撮影は難しいですね

この頃はあまり撮らなくなってしまったけど、またチャレンジしてみようかな

テッポウエビ科の1種

テッポウエビ科の1種

テッポウエビ科の1種

テッポウエビ科の1種

テッポウエビ その5

2009年06月28日
とても分類が大変な科とのことです

標本だけではなく生時の色も必要のようであり、他にもいろいろ問題があるようです

ということで、ここではこんなテッポウエビがいるという紹介ということで・・・

テッポウエビ科の1種

テッポウエビ科の1種

テッポウエビ科の1種

テッポウエビ科の1種

Alpheopsis sp.?

2009年06月27日
Alpheopsis sp. でしょうか?
Athanas sp.のようだとのことです)

似た感じのエビは、以前にも載せています

今回の調査で、これと同じだと思う種を採集したので、いずれはっきりすると思います

Alpheopsis sp.?

Alpheopsis sp.?

POLYCLADS その6

2009年06月26日
今回の調査ではボートからだったのですが、一日だけビーチダイビングを行いました

その時に、ウミウシ好きなら知らない人はいない才色兼備な中野理枝さんとウミクワガタの新種を発見された太田悠造さんも一緒に潜りました

昼食をご一緒している時の話題はヒラムシでした

奥野淳兒さんがなぜヒラムシも研究されているかやヒラムシの分類などについて興味深いお話をいろいろお聞きすることができました

いつの日かヒラムシガイドブックが出来ると嬉しいですね


今回はホストにいるヒラムシです

まず、以前も載せている Ascidiophilla alba です

チョツボボヤの上にいるところを撮り直すことができました

Ascidiophilla alba


ソフトコーラルにいるヒラムシです

大きく写っているんですが、分かりづらいですね・・・見事な擬態になっています

このヒラムシは探偵さんに教えていただきました

Unidentified sp.


このヒラムシはイタボヤ(海綿かもしれません)の上にいました

たまたまこの上にいたのかもしれませんが、観察している時はこの上でだけ移動していたのでホストなのではないかと思いました

Unidentified sp.

シコンハタタテハゼシコンハタタテハゼ 
 | HOME | Next »