トビウオイルカイルカイルカ
200903 Calappaの沖縄海中散歩
南の島
珊瑚珊瑚 珊瑚カニ貝珊瑚珊瑚
ヤシャハゼ

POLYCLADS その5

2009年03月31日
ヒラムシ類は、海産の扁形動物の一群です

これを多岐腸類というのは、腹部中央の口から体内に伸びる腸が多数の枝に分かれることによります

また、プラナリアなどのそれが大きく三方向に分かれることから三岐腸類というのに対比させたものです

(参照 Wikipedia )

まだまだ写真はあるけど5回で区切りがよいのでまたそのうちに('-'*)

Pseudobiceros cf. stellae
Pseudobiceros cf. stellae


Pseudoceros cf. bolool
Pseudoceros cf. bolool


Pseudobiceros kryptos
Pseudobiceros kryptos

POLYCLADS その4

2009年03月30日
ヒラムシは外見的に明確な頭部はないですが、前方には感覚器が集中し、背面に多数の眼点があります

その内部にはまとまった神経節もあるので、この部分が頭部と見なされます

ツノヒラムシなどでは、その部分の背面に触角が対をなして生じています

(参照 Wikipedia )

Pseudoceros sp.
Pseudoceros sp.


黒にオレンジの縁取りがある種はけっこう多いです
これは Pseudobiceros hancockanus かな
Pseudobiceros hancockanus


Pseudoceros sp.
Pseudoceros sp.

POLYCLADS その3

2009年03月29日
日本から知られている主なヒラムシです

○ディスコケリス科:ニホンヒラムシ Discocelis

○スチロヒラムシ科:イイジマヒラムシ Stylochus・カタスチロヒラムシ Leptostylochus・アッケシヒラムシ Mirostylochus・ヤツヒラムシ Discoctylichus

○ヤワヒラムシ科:カイヤドリヒラムシ Stylochoplana・ウスヒラムシ Notoplana・クモヒトデヒラムシ Discoplana

○マルヒラムシ科:マルヒラムシ Hoploplana

○ツノヒラムシ科:ツノヒラムシ Planocera・チリメンヒラムシ Paraplanocera

○アピオディプラナ科:イソバナヒラムシ Apidioplana

○ニセスチロヒラムシ科:ニセスチロヒラムシ Pseudostylochus・カリオヒラムシ Callioplana

○オビヒラムシ科:オビヒラムシ Cestoplana

○ペリケリス科:ペリケリスヒラムシ Pericelis

○ボニニア科:オガサワラヒラムシ Boninia

○ニセツノヒラムシ科:ミノヒラムシ Thysanozoon・ニセツノヒラムシ Pseudoceros

○エウリレプタ科:Eurelepta・フチアナヒラムシ Cycloporus

○イロヒラムシ科:イロヒラムシ Chromoptlana

○ホソヒラムシ科:ホソヒラムシ Psorthiostowum

(参照 Wikipedia )

Pseudoceros scriptus
Pseudoceros scriptus


Pseudoceros jebborum
Pseudoceros jebborum


Prosthiostomum trilineatum
Prosthiostomum trilineatum

POLYCLADS その2

2009年03月28日
今日もヒラムシの紹介です

PCの都合もあり、しばらくこのシリーズが続くかも

Pseudoceros sp.
Pseudoceros sp.


Pseudobiceros fulgor 
Pseudobiceros fulgor


Callioplana marginata 
Callioplana marginata

POLYCLADS

2009年03月27日
ヒラムシは奥野 淳兒先生から影響を受けて積極的に観察しだし、mixiのコミュ(現在閉鎖)でもいろいろ勉強させていただきました

一般的にあまり人気のない生物ですが、先入観なく見れば面白いと思うんですけどね

Pseudoceros prudhoei
Pseudoceros prudhoei


Pseudobiceros sp.
Pseudobiceros sp.


Pseudoceros goslineri
Pseudoceros goslineri

シコンハタタテハゼシコンハタタテハゼ 
 | HOME | Next »